SPコードをプラスした印刷

HOME > SPコード

SPコードをプラスした印刷のご案内

~『障害者差別解消法』に応じた、ユニバーサルデザイン対応の印刷に~

平成28年4月より施行された『障害者解消法』では、主に2つのことが差別の対象となります。
①不当な差別的取扱い
②合理的配慮をしないこと

障害のない人にはきちんと情報を伝えているのに、障害のある人には情報を伝えないことは、②の「合理的配慮をしないこと」に当てはまり、役所・会社・店舗どは合理的配慮をするよう努力することが求められています。

視覚障害者の大半は、病気などの理由による中途障害者が多く、点字を読める人は限られています。視覚障害者にとっては、点字印刷より音声読み上げが可能な印刷物の方が有難く、それにはSPコードが必要になります。

SPコードは、目の不自由な方のために開発されたバーコードの一種で、紙上に印刷されたコードを、専用機で読み取ることで、記録された文章を音声で読み上げてくれるツールです。版下データに画像ファイルとして貼り付けます。高精細印刷によって、ページの下端に印刷し、円形の切り込みを行って、目の不自由な方でも、SPコードの場所が確認できるような加工をします。
これにより、目の不自由な方も健常者と同じタイミングで印刷物の情報を得ることができ、役所・会社・店舗なども情報のバリアフリーに貢献できます。ユニバーサルデザインに対応した広報誌、機関紙、会社案内、メニュー、カタログ、マニュアル、伝票などに適しており、本来のデザインを損なうことなく「合理的配慮」が可能となります。
SPコードの読み上げには専用装置が必要ですが、視覚障害者の方は日常生活用具給付対象品に指定されており、  自治体で申請し購入することが可能なので、視覚障害者の専用装置の普及率は高いです。


当社では音声コード「SPコード」を活用した印刷物や発行物のSPコード作成、デザイン、印刷を承っています。

①Wordから音声コードへの変換、作成されたSPコードのデータ内容の精査(読み上げ可能か診断)
②SPコードを配置した印刷レイアウトの作成(別途レイアウト料が必要です)
③取材やインタビュー等の音声データをWord原稿に作成、さらに原稿をSPコードへ作成することも可能。
 (別途、文字起こし料が必要です)

【概算見積もり】
SPコード作成料:1000円@1個
※記録させる文字数によりSPコードの大きさが変化します。ページの内の文字数が多い場合、1つのページに  対し、SPコードが増えることがあります。

ご依頼内容によってお見積りいたします。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
NPO法人神戸ライトハウス
神戸市中央区旭通5丁目3-4 アクティブ88 5階
TEL.078-251-6767 FAX.078-251-8990 email:support@kobelighthouse.com

infomaition.gif

tel.gif

mail.gif

NPO法人 神戸ライトハウス

〒651-0095
兵庫県神戸市中央区旭通5丁目3-4
アクティブ88 5F
営業時間
月曜日~土曜日(日・祝祭日 定休)
AM10:00~PM6:00

service2.png

volunteer.png

clendeer.png

Facebook.jpg

access_map.gif

気分転館地図2.png